レーシック手術の費用と種類についてTOP > レーシック手術の種類 > Zレーシック

Zレーシックについて

 
一口に視力回復手術と言ってもその種類は様々です。それは医療技術が日に日に改善されていることと、何より医療機器の革新によるところが大きく、新たな術式が開発されることになるからです。当初は単なるレーシックでしたが、今ではイントラレーシックやエピレーシック、ラセックなどが加わり更には、Zレーシックも新たなラインアップとなっています。このように新たな術式や機器類が開発されることは、視力を回復したいと願う人にとって、これほど嬉しいことはありません。ただ問題は手術費用にあります。ひと頃に比べ安くなったというものの、それより新たな方式がいいとなれば、その方を受けることになり結局高額の費用が掛ることになるという訳です。手術効果を優先し高額でもいいから新たな術式がいいか、費用の安い方を取るべきか難しいところと言えます。

Zレーシックの特長


Zレーシックは従来のレーシックに比べ視力回復の効果が上がり、安全性においても格段に向上しています。その理由はフラップを作るのに、コンピュータで制御されたレーザを使用しているからです。ということはそれが可能な機器が開発されたということになります。この機械を使うと1回あたりの照射エネルギーが低く抑えられるので、眼球への負担も軽減されます。そのため、フラップ作成時にしばしば起こった、トラブルも軽減され、感染症などにかかるケースはほとんどと言っていいくらいなくなりました。視力回復についてもただ単によく見えるということではなく、より鮮明且つ立体的に見えるようになったという評判です。それはフラップの表面が滑らかで均一性がある証左と言えます。また、視力が回復することは大変いいことですが、過矯正すなわち見えすぎてもよくないし、光の周囲がぼやけて見えるハロという現象や、光がまぶしく感じるグレアという現象も問題です。Zレーシック術式では、これらのことが軽減されていると言われています。

Zレーシックのデメリット


最新式の機器を使うのでその効果のほどは確かですが、その分費用が高いのが少々難点と言えます。技術的にはフラップを作成する際の切り込みの角度が45度に固定されていて、調整が効かないという点が気がかりと言えます。
 

関連記事

イントラレーシック

レーシック手術とはレーザーを角膜に照射し、屈折力を矯正することにより、視力を回復させる手術のことを言います。その方法は角膜を削りフラップを作ることが最初に行われ、次いでレーザーを照...

エピレーシック

スポーツ選手の中にも近視や乱視など目が悪い人はいます。裸眼では競技に支障をきたすため眼鏡やコンタクトレンズで矯正するのが普通ですが、それをものともせず好成績を残している選手はたくさ...

ラセック

少し前までは視力回復手術と言えば、単純にレーシック手術しかありませんでした。角膜を電気カンナで削って、エキシマレーザーを照射して屈折異常を矯正し、削った角膜手作ったフラップを被せる...

Zレーシック

一口に視力回復手術と言ってもその種類は様々です。それは医療技術が日に日に改善されていることと、何より医療機器の革新によるところが大きく、新たな術式が開発されることになるからです。当...

ウェーブフロント

レーシック手術を受ける人が年々増加しています。日本で最初に行われたのが2000年で、その年は2万人が手術を受け、その後段々増えつづけ2005年には7万人に増加しています。もはやレー...