レーシック手術の費用と種類についてTOP > レーシック手術の種類 > ラセック

ラセックについて

 
少し前までは視力回復手術と言えば、単純にレーシック手術しかありませんでした。角膜を電気カンナで削って、エキシマレーザーを照射して屈折異常を矯正し、削った角膜手作ったフラップを被せるというのが一般的な手順でした。ところが、フラップを作るのにカンナは使用せず、レーザーを使用するイントラレーシックが開発され、今ではこの方法が主流になりつつあります。それに加え、頭と頭がぶつかったり、パンチを受けるなどした衝撃により、フラップが剥がれたり、ずれたりするのを防止するエピレーシックが開発されるなど、技術革新はまさに日進月歩と言えます。

ラセックとは


レーシックの最大の特長は角膜でフラップを作ることにありますが、その際電気カンナで削るか、レーザーを照射して削るかの方法が一般的です。ところが新たな方法としてアルコールを使用してフラップを作る方法が開発されましたが、この術式をラセックと言います。1999年イタリア人医師が開発しましたが、従来のレーシックと比べ、衝撃に強いということで注目されています。この術式だとこれまで視力回復手術が困難とされた、角膜の薄い人でも適応が可能だとされています。或いは激しいぶつかり合いをする格闘技の選手などにとっても最適な手術だと言えます。これだとフラップが剥がれたり、ずれたりする心配はなく、思い切りぶつかることも可能です。また、この手術でつくられた角膜上皮層のフラップは再生能力があり、新しく生まれ変わると言われています。

ラセックのデメリット


通常のレーシックでは術後あまり痛みはありませんが、ラセックの場合は表面照射という術式のため、1週間程度痛みが残ると言われています。また、視力が回復するには術後数日から1週間ぐらいかかるので、両眼同時に行うことは困難とされています。更にこの術式では角膜をアルコールで拭いて柔らかくするため、エキシマレーザーを照射する際、正確性が保てないということと、角膜の混濁もあることが指摘されています。
 

関連記事

イントラレーシック

レーシック手術とはレーザーを角膜に照射し、屈折力を矯正することにより、視力を回復させる手術のことを言います。その方法は角膜を削りフラップを作ることが最初に行われ、次いでレーザーを照...

エピレーシック

スポーツ選手の中にも近視や乱視など目が悪い人はいます。裸眼では競技に支障をきたすため眼鏡やコンタクトレンズで矯正するのが普通ですが、それをものともせず好成績を残している選手はたくさ...

ラセック

少し前までは視力回復手術と言えば、単純にレーシック手術しかありませんでした。角膜を電気カンナで削って、エキシマレーザーを照射して屈折異常を矯正し、削った角膜手作ったフラップを被せる...

Zレーシック

一口に視力回復手術と言ってもその種類は様々です。それは医療技術が日に日に改善されていることと、何より医療機器の革新によるところが大きく、新たな術式が開発されることになるからです。当...

ウェーブフロント

レーシック手術を受ける人が年々増加しています。日本で最初に行われたのが2000年で、その年は2万人が手術を受け、その後段々増えつづけ2005年には7万人に増加しています。もはやレー...