レーシック手術の費用と種類についてTOP > レーシック手術の種類 > エピレーシック

エピレーシックについて

 
スポーツ選手の中にも近視や乱視など目が悪い人はいます。裸眼では競技に支障をきたすため眼鏡やコンタクトレンズで矯正するのが普通ですが、それをものともせず好成績を残している選手はたくさんいます。眼鏡やコンタクトの技術革新もあるでしょうが、本人たちの類い稀な努力が功を奏しているのも事実で拍手をおくりたくなります。そんな中で最近、視力回復手術を受けるプロスポーツ選手も目立って来ました。矯正器具に頼らずに競技ができることに、計り知れない魅力を感じるからでしょう。モノがよく見えるようになるというのは競技には大いにプラスになり、今までできなかったことが可能になることだってあり得ます。また、眼鏡やコンタクトに気を使わずに済むということは、精神的にプラスになります。しかし、激しいぶつかり合いをするようなスポーツ、例えば格闘技などに、レーシックが耐えうるかどうか、気になるところです。

エピレーシックとは


格闘技などパンチを受けたり、頭と頭がぶつかり合っても、フラップがずれたり、はがれたりすることを防止するにはどうしたらいいかということで、開発されたのがエピレーシックという手術です。エピケラトームと呼ばれる器機を使用して、従来よりも極薄の角膜上皮のみのフラップを作成し、エキシマレーザーを照射するという手術ですが、これだとフラップがずれたり、はがれたりすることはほとんど防止できるそうです。そればかりか、通常のレーシックに比べ、視力の回復も早く、安定性も高くなると言われています。また、フラップを作成する際、薬品を使わないため、角膜への負担も軽減されると言います。

エピレーシックのデメリット


エピレーシックは普通のレーシックに比べ、術後の痛みが少し強いようです。そのため1週間ぐらいはコンタクトレンズを着用しなくてはならないそうです。また、角膜の混濁も起ることがあり、ハロと言われる太陽や月の周囲に輪が見える現象や、夜間に光がまぶしくなるような現象を伴う場合もあると言われています。但しこれについては普通のレーシックでも起りうることだと言われています。
 

関連記事

イントラレーシック

レーシック手術とはレーザーを角膜に照射し、屈折力を矯正することにより、視力を回復させる手術のことを言います。その方法は角膜を削りフラップを作ることが最初に行われ、次いでレーザーを照...

エピレーシック

スポーツ選手の中にも近視や乱視など目が悪い人はいます。裸眼では競技に支障をきたすため眼鏡やコンタクトレンズで矯正するのが普通ですが、それをものともせず好成績を残している選手はたくさ...

ラセック

少し前までは視力回復手術と言えば、単純にレーシック手術しかありませんでした。角膜を電気カンナで削って、エキシマレーザーを照射して屈折異常を矯正し、削った角膜手作ったフラップを被せる...

Zレーシック

一口に視力回復手術と言ってもその種類は様々です。それは医療技術が日に日に改善されていることと、何より医療機器の革新によるところが大きく、新たな術式が開発されることになるからです。当...

ウェーブフロント

レーシック手術を受ける人が年々増加しています。日本で最初に行われたのが2000年で、その年は2万人が手術を受け、その後段々増えつづけ2005年には7万人に増加しています。もはやレー...