レーシック手術の費用と種類についてTOP > レーシックのデメリット > 手術費用は決して安くない

手術費用は決して安くない

 
かつては視力を回復させるのに手術をする、しかもレーザーを使うということなど、専門の眼科医ですら想定していなかったのではないでしょうか。それが今では日本において年間に数十万人が手術を受けているというから驚きです。中にはスポーツ選手や芸能人など著名人も多く、それが安心感と勇気を与えることになり、手術を受ける人が年々増加の一途を辿っています。そのためか最初の頃60万円とも100万円とも言われた手術費が、段々安くなり、今では10万円を切るところも出てきました。

なぜ高価なのか、その理由は


手術費が10万円を切り、安くなった感がありますが、その手術は少し前の普通のレーシックの費用であり、最近主流と言われている、よりレベルの高いイントラレーシックになると、20万円前後の価格を設定しているクリニックを多く見受けます。いずれにしても高価であることには変わりはありません。その最たる理由は健康保険適用外であるということにあります。厚労省は診療機器や手術などの認可はしたものの、保険の適用までは未だ検討していないというのが実情のようです。もう一つの理由は、レーシックの手術には高価な医療機器が使われているということにあります。それにはおそらく億単位の費用を投資しているものと思われますが、それを回収するには相応の手術をこなす必要があります。大手クリニックなどでは、価格をどんどん下げる傾向にありますが、それは患者さんが多くいるからで、機器の費用を回収する目算が立っているからと思われます。

分割払いを活用して高価な手術費をねん出する


数万円或いは20万円代になり安くなったというものの、今のご時世ではやはり高額の域を出ません。ならばレーシックをあきらめる人が多くなるかと思いきや、クリニック側の思惑もあり、患者さんは増えているといます。新規の患者さんを獲得するため、色々な便宜を図っているのがその理由のようです。キャンペーンを企画したり、割引制度を設けたり、分割払い制度もその一環です。分割払いというと通常有利子ですが、中には無利子にしている所もあります。もっともクレジットカードが使えるので、こちらの方で分割することも可能ではあります。それが無い人にはありがたい制度だと言えます。一方で宣伝用のパンフ代を節約するなど、営業努力をしているクリニックもあります。
 

関連記事

合併症を併発するリスクがある

レーシック手術の安全性については、アメリカで最も厳しいと言われている、FDAというチェック機関が認可しているということ、更に毎年100万人以上の人が手術を受けているということからも...

手術費用は決して安くない

かつては視力を回復させるのに手術をする、しかもレーザーを使うということなど、専門の眼科医ですら想定していなかったのではないでしょうか。それが今では日本において年間に数十万人が手術を...

術後の定期検査が必要である

レーシック手術を受けた後は合併症といかなくても、いくつかの症状の変化があると言われています。ドライアイやハロ、グレア現象などがそれですが、これらは一過性のものが多く、点眼などしてい...